雑誌 精神科看護 実践 精神科看護テキスト 書籍 CD-ROM セミナー
         
ショップIDをお持ちの方
精神科版 家族教室スタートアップ読本

精神科版 家族教室スタートアップ読本

著者
土屋 徹(Office 夢風舎フリーランスナース&ソーシャルワーカー/日本SST普及協会認定看護師/国立精神・神経センター精神保健研究所協力研究員/元国立精神・神経センターACT-Jプロジェクト臨床チーム チームリーダー)
A5判 160頁
定価(本体価格1,700円+税)
ISBN978-4-902099-88-1
2006年6月刊行

※著者の所属、肩書きは刊行時のものです。

広告掲載をお考えの方
取扱書店
       
買い物かごに入れる

◆解説
困っているご家族に声をかけてみませんか?
精神障害を抱えた当事者にどう接すればいいのか、多くのご家族の悩みです。「家族教室」で、そんなご家族に元気になってもらいましょう。 前著『実践SSTスキルアップ読本』でSSTの極意をやさしく語った著者が、専門職に向けて家族支援の入門書を書きました。はじめからうまくできる人はいません。この本を片手に「はじめの1歩」を踏み出しましょう。

◆内容構成

Part1 入門・家族支援
1.家族支援をはじめよう はじめからうまくできる人なんていない
2.心理教育ってなあに? 家族支援の考え方の1つとして
3.国府台病院の家族心理教育(その1) 病院の取り組みとして根づくまで
4.国府台病院の家族心理教育(その2) 家族同士が学びあえ、楽しめる場をつくる
5.保健所・市町村での家族教室(その1) “家族が主役”の場をつくろう
6.保健所・市町村での家族教室(その2) 限られた時間とスタッフの中で
7.家族ってこんな人たち 訴えが多いのはがんばっているから
8.家族の力を見るための3つのポイント 同じ土俵で考える
9.経験者には勝てない! 家族から学ぶということ
10.家族支援のいろいろな形 ふだんのやりとりから支援の方法を探そう
11.当事者参加のグループワークを 率直な言葉が家族を癒す
12.心動かされたその言葉 家族支援の元気のもと

Part2 家族教室実践マニュアル 家族教室の開き方
1.家族教室を開くときにだいじなこと(基本的な考え方)
2.何から始めればよいか
3.グループワークで家族の力を引き出そう こんなふうにやっている! 

土屋流・家族教室のシナリオ スライドを準備しよう―元気の出る資料をつくる

つっち~のお部屋
SST1STレベル講習会
つっちーの健康回復プログラム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
       
 
会社案内
 
 
求人情報
 
 
 
 
 
地図
 
 
 
 

 

 

 

 
関連書籍
  実践 精神科看護テキスト〈改訂版〉 第2巻 対人関係/グループアプローチ/家族関係
 
実践 SSTスキルアップ読本

定価(本体価格1,700円+税)

土屋流 「当事者主体」的アプローチ
定価(本体価格1,700円+税)
ACT・ケアマネジメント・ホームヘルプサービス
定価(本体価格2,400円+税)
実践 精神科看護テキスト
定価(本体価格2,500円+税)
         
メンテナンスのため午前4:00~4:30 ショッピングカートは使用できません
Copyright (C) 2004 Psychiatric Mental Health Nursing Publishing Inc. All rights reserved.